電話回線はpovo2.0、データ通信はIIJにしたけどeSIM設定できなかった話について解説

インターネット
IIJのeSIMにしたら、…結果的に機種が対応していなくて使えなかった話です。

まず「IIJ」の「eSIM」とは?

横文字ばかり並べて。。。

どこのなんやねん!

て感じですね。

 

…まず、「IIJ」とは、格安のスマホ回線を提供する会社の名前で、NTTドコモやKDDIなどと同じ、電気通信事業者です。

インターネットイニシアティブジャパンの頭文字を取って、IIJ。

 

そんでもって、普通のSIMとeSIMの違いは、SIMはチップ型で、eSIMはダウンロード型になっている違いがあります。

そのうえでeSIMとは、インターネット回線が使えるようにするダウンロード型の通行手形のような物です。これ持ってるから、ネット使えます!的な感じです。

 

 

eSIMのメリットとは?

では、eSIMのメリットはなんでしょう?

それはなんと言っても、利用までの手軽さです。

 

ふつうのSIMカードでの契約だと、手続き完了後にSIMカードが手元に到着するのを待たないといけません。

 「まだ届かないな〜。」

 「あー受け取れなかったー!!」

など、eSIMだとそんなことはなし。

 

eSIMだと、なんとダウンロードして、自分のスマホにネット回線を適用することができるのです。

なので、すぐにインターネットや電話を使えるようになります。

 

これは便利ですなぁ。

 

なぜ、IIJのeSIMにするのか?

主な良さは2点!

それは、データ通信量が安いから!

そして、複数回線でデータ通信量(ギガバイト)をシェアできるからです!!

 

月額いくらか?

IIJmioギガプランの月額料金です。

 

 

2ギガプラン
4ギガプラン
8ギガプラン
15ギガプラン
20ギガプラン

eSIMデータ通信・
ドコモ網のみ

税込440
(税抜400円)
税込660
(税抜600円)
税込1,100
(税抜1,000円)
税込1,430
(税抜1,300円)
税込1,650
(税抜1,500円)

参考:IIJmio料金表ページ

 

電話回線はpovo2.0、データ通信はIIJ

povo2.0の回線料金は、基本0円です。

なので、電話回線はpovo2.0にして、データ通信は安くてシェアできるIIJにしようとしました。

 

povo2.0については、コチラで解説してます。

 

eSIMが使えなかったのは家族のスマホ

自分のスマホには使えたんです。

シャープのAQUOS sense6というスマホで、ちゃんとふつうのSIMとeSIMが使えるデュアルSIMの仕様でした。

使えなかったのはデータシェアしようとした家族のスマホでした。

 

…ふつうに使えるでしょう!

設定っと(ポチポチ)

 

……ダウンロードできない!!

 

2代目のスマホはXperia Ace IIというスマホでした。

 

海外版は対応しているようですが、国内版は対応してないようです。ちゃんと下調べしてないのが悪かった…。

こういう記事で勉強しておくべきでしたね。。。

 

 

まとめ

ここまで、IIJのeSIMが使えない話をしてきましたが、これからどうしよう。。。

無駄に2回線持ってる状態っす。

 

…ひとまず、寝ることにします。

 

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました