張った芝生が枯れた。2週間で気がついた変化。芝生の張替え。そして肥料をあげる大事なタイミング!

DIY・日曜大工

 

芝生を植えたら一部だけ様子がおかしい?

・芝生を張って2週目の様子から異変が。。。ちゃんと土をならして張ったのに・・・何が起きた?

本ブログは、このような芝生の変化と張り替えに焦点を当てて書いています。

 

気がついた芝生の変化

 初めて芝生を張って…1週間。…2週間。素人ながら土壌改良をして張った芝生(姫高麗芝)が、我が家に庭に根付くのをワクワクしながら待っていました。そしたら、一部の芝生が枯れました。初めの芝生を張る記事はこちらです。

植えた芝生:姫高麗芝

相馬グリーン 姫高麗芝 1束 高麗芝の選抜種 ¥1,748 (2021/5/18 22:27:44時点 Amazon調べ-詳細)

変化の様子

1週目

 ほぼ変化なし!といいますか、あまり変化が確認できませんでした。

2週目

 さらに2週目になると、緑色の新芽が伸び始めて来ました!しかしながら、一部の芝生の異変に気が付いてしまいました。

おそらく、何も生えてきていない芝生がありました。そして、ほかの芝生よりもなんだか茶色でした。

 一言でいうと、完全に元気がない。これは、枯れているのでは?と気が付きました。

 

ここまでの状況を簡単にまとめてみました。

次からは、詳しい変化について見ていきましょう!

 

変化① 新芽が出てこない芝生

 「緑の新芽が出てきている芝生」と「まったく新芽が生えてこない芝生」の2種類の状況がありました。新芽が出てこない芝生は、茶褐色のままでした。

 

変化② 触ってみて感じる、張りの無さ

 変化①を受けて、さまざまな場所の芝生の表面を実際に触れてみました。すると、徐々に新芽が出てきている芝生は、茶色の部分もチクチクと張りがある感じでした。対して、新芽が出てこない芝生はふにゃりと元気がない様子でした。

 茶色の活力がない芝生は、上の写真の手前の2枚です。今回の作業を行う前に、「芝生を貼るブログ」を書いてくださった先輩方のブログを読んで勉強しました。その中では、ときたまハズレの芝生も存在すると書いてありました。ということで、今回はそのハズレの芝生を引いてしまったのかもしれません

 せっかく、土壌を改良して、丁寧に並べたのにとても残念です。

 この状況をどのように対処してよいのかよく分かっていませんが、このまま待っていても復活の期待が持てません。そのため、思い切って、張り直すことに決めました!

 

芝生の張り直し

 ここでは、芝生の張り替えについて書いていきます。

芝生の剥がし方

 どのように芝生を剥がすのかが分かっていませんでしたが、芝生の端っこから引っ張ったら簡単に剥がれました。そうと分かれば、単純作業です。2枚目もペロンと剥がしました。

芝生を並べてから2週間が経過しています。元気がない芝生は、根っこの張りも弱く簡単に取れたのかもしれません。(そんなことしたくはありませんが、元気な芝生は取りづらいかもしれません。)

 

 剥がした芝生は、ビニール袋に入れて廃棄となり、新しい芝生を並べ替えました。「芝生同士の間隔」や「生えている芝生の密度が低い」ところに目土(めつち)を入れました。そして、軽く踏んで高さを合わせて、入れ替え作業が完了しました!

(廃棄方法は各自治体で確認してください。)

 最後に、元気に育つように期待して、たっぷりの水をあげて終了です。
 

芝生に入れる土

 芝生の密度が低い部分、芝生と芝生の間などに入れる土です。目土(めつち)というらしいです。
 
 

 

 

芝生を張り替えて2週間後

 
 張り替えた部分の芝生から、小さな「新芽」が生えていました!

 よく見てみると、とても細長い新芽ですが、新たな芝生の生命反応を確認したので一安心です。

 先のことは深く考えず、ひとまず安堵しました。

 果たして、これらがちゃんとした芝生として成長するのかは神のみぞ知る。いや、日頃の管理ですね。はい。ちゃんと水やりをして、ときに雑草を抜き、ときに肥料を散布してあげたいと思います。

 

「初めから元気で3週間経った芝生」と「張り替えて2週間経った芝生」の比較

初めから元気だった芝生

 桜の花びらが舞い込んで来て綺麗な感じです。

 そんなことは置いときます。初めから元気だった芝生は下の写真のとおりです。新芽がチクチクと出てきている様子が確認できますです。手のひらで触ってみても、チクチクとしました。

 

張り替えて2週間経った芝生

 こちらも、緑の新芽がチラホラと出てきている感じです。

 まだ、全体的に茶褐色で、初めから元気だった芝生との差は若干あります。ですが、これから新たに新芽が出てきてくれることに期待しています。手のひらで触ってみると、こちらもまだ柔らかい感じでしたが、新芽は元気な様子でした。

 

約1ヶ月後

だいぶ茂ってきました。

境目の様子

 張替えたエリアは、芽自体は少ないですが、徐々に成長している感じです。

アップ写真

 最初から張った芝生は、だいぶ密度が高まってきました。

 

今後やっていくこと

 主に、以下のことをしていきたいと思います。

  • 乾いたら水やり
  • 雑草抜き

上の2つは、芝生パラダイスさんのブログにも書かれていたので参考にさせていただきたいと思います。

 

芝生を張ってからの注意点⚠

 具体的な注意点は、以下のとおりです。

張り替え後は水やりを忘れないようにしましょう

 水やりは1日に2回。早朝夕方です。

 毎日2回の水やりを、約3週間に渡って行います。このときの注意点は、「乾燥させないこと!」らしいです。その後は様子を見ながら、朝か夕方のどちらかに水やりをするみたいです。最初は、たくさんの水が必要なんですね。

雑草はこまめに抜きましょう

 雑草は、放っておくと、雑草の種が広がります。そして、あっという間に雑草自体が広がっていってしまいます。

実際に、芝生を張ってから2週間くらい経ったくらいで、小さな雑草が見え始めていました。ですので、こまめに雑草を抜くのが重要となります。

 

そしてしばらくしたら、肥料をあげましょう。

この肥料をあげるタイミングに注意が必要なので、下にまとめました。

 

肥料を散布するのタイミングの注意点⚠

 今回使う予定の肥料は「ハイポネックス芝生の肥料500g」です。芝生を並べて思うわけです。「この肥料ですぐに元気にしてあげるんだ!」と。

ワクワクして肥料のやり方の説明を読んでみると、わかったことがありました。

すぐに肥料はあげられない!!!!

 

説明をよくよく読んでみると、次のようなことが書いてありました。

「芝生を張った場合や、張り替えた場合は1ヶ月後より与えます。」

 

肥料あげるのは、芝生を並べてから1ヶ月後です!そうなんです、芝生が根付いていないときに上げても、うまく栄養が吸収されません。つまり、肥料はしっかりと根付いた頃の1ヶ月を目安に待ってから与えるようです。

ふむふむ、何事もそう簡単にはいきませんね。しっかりと、この場所、この土に慣れた根っこになってから、手を差し伸べてあげないといけないようです。ということで、もう少し待ってから肥料を上げたいと思います。

芝生を張り替えてすぐに肥料をあげたけど、なんだか効果が分からない。効いているのか疑問。そんなことを経験した方々は、根付き期間を待ってから肥料をあげてみると効果を得られるかもしれません。

 

私が購入して、手元にある肥料がこちらになります。

ハイポネックス 芝生の肥料 500g

created by Rinker
ハイポネックス
¥660 (2021/12/04 21:18:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

資材一覧

 今回使った資材はコチラになります。

created by Rinker
ハイポネックス
¥660 (2021/12/04 21:18:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回は、芝生が枯れたので、新しく芝生を張り替えた内容を書いてきました。引き続き、何か変化があったら記事にしていきたいと思います。

今回の記事は以上になります。

ほかにも、最初に芝生を張った記事DCM固まる砂の記事など書いてるので見てね。