スポンサーリンク

スミチオン乳剤の散布量を自動計算【完全版】|キャップ数量早分かり

芝生の管理
スポンサーリンク

このページを見れば、害虫駆除に「スミチオン乳剤」を使う際に、散布範囲に合わせた「水の量」「スミチオンの量」「キャップの数量」がすぐに分かります。入力項目は2つだけで、散布範囲のたてよこの長さをフォームに入力するだけで、さまざまの量を自動計算してくれます。

スポンサーリンク

スミチオン乳剤の散布量の自動計算フォーム

※コガネムシ幼虫を駆除する際の自動計算



コガネムシの幼虫への散布量の目安は、1m2あたり、3リットルの量となっています。幼虫を見つけた発生初期に、年6回まで使用できます。

 

※シバツトガ、スジキリヨトウ、シバオサゾウムシを駆除する際の自動計算



シバツトガ、スジキリヨトウ、シバオサゾウムシへの散布量の目安は、1m2あたり、0.3〜2リットルの量となっています。見つけた発生初期に、年6回まで使用できます。

コガネムシの幼虫向けの散布量(1m2あたり、3リットル)と比較すると、1m2あたり、0.3〜2リットルと少なめになっています。したがって、コガネムシの幼虫向けの散布量を撒けば、うえの3種類の害虫も駆除できますね。

 

そもそも、スミチオン乳剤とは?

スミチオン乳剤とは、芝生の害虫駆除のほか、野菜、草花、庭木など、幅広い分野で、多くの種類の害虫を対象に使われている殺虫剤です。製造・販売元は住友化学園芸株式会社で、こちらの公式サイトで詳細が紹介されています。

特徴としては、芝生において「コガネムシ幼虫」「シバツトガ」「スジキリヨトウ」の害虫駆除に効果があります。

ですので、害虫の発生による芝生の弱りにお困りでしたら、害虫駆除を試してみてはいかがでしょう。

created by Rinker
¥611 (2022/06/30 18:18:09時点 楽天市場調べ-詳細)

 

土の中に幼虫を発見!やったー!カブトムシかな。

まずはじめに、芝生の中に、なにかの幼虫を見つけたら、コガネムシ幼虫を疑ってみて下さい。

芝生の根っこを食い荒らすため、そのまま放置しておくと芝生が弱っていってしまします。

 

散布量の基本情報

スミチオン乳剤の芝生への散布量は、駆除対象とする害虫によって異なります。主に、以下のようになっています。

  • コガネムシ幼虫:希釈倍数1000。1m2あたり、3リットル。発生初期。
  • シバツトガ、スジキリヨトウ:希釈倍数1000。1m2あたり、0.3〜2リットル。発生初期。
  • シバオサゾウムシ:希釈倍数1000。1m2あたり、0.3〜2リットル。幼虫発生期。

散布方法、用量等は十分に注意してご使用下さい。

 

どうやって薬剤を散布するの?

散布方法は主に2パターンあります。それは、小さい庭向けと大きな庭向けで異なります。

小さい庭向け:ジョウロ

庭が小さい場合は、ジョウロをおすすめします。

ジョウロで全体に散布できそうだけど、噴霧器がいいかな〜、と思っている方はご想像下さい。噴霧器は、ある程度の大きさになりますので、狭いお庭でおける場所を確保しなければなりません。

大きい庭向け:タンク、噴霧器

庭が大きい場合、ジョウロでは時間と労力を大きく消費してしまいますので、噴霧器などをおすすめします。

想像できますように、家庭用の噴霧器にも、自分で圧力を蓄積する「手動型」と自動で圧力が蓄積する「電動型」があります。ですので、その点もお庭のサイズと価格など考慮してご検討ください。

 

ジョウロってどんな種類がある?

ジョウロにいろいろな種類があります。用量が大きくなると、持つのが大変になるので、そのあたりも考慮するといいかもしれません。

  • 新輝 トンボじょうろ(グリーン)4L

  • アイリスオーヤマ ブリティッシュウォーターポット(チャコールブラウン)3.6L

    • タカギ NANOジョロ(ホワイト)6L

 

噴霧器ってどんな種類がある?

噴霧器は、主に「手動式」と「電動式」の2種類があります。手動式は、ポンプを押して加圧しなければなりません。しかし、電動式はモータ音が鳴るため朝夕など、音が気になるときは手動式がいいかもしれません。こちらも、お庭のサイズとの相談になるかと思います。

手動式

  • 高儀 家庭用肩掛蓄圧式噴霧器4L

  • マルハチ産業 蓄圧式噴霧器3L

電動式

  • アイリスオーヤマ 噴霧器 電池式 5L

  • マキタ 充電式噴霧器 バッテリ・充電器別売 5L

色も形もさまざまあります。そして、値段もさまざまあります。

 

まとめ

これまでの経験から、散布する水の量やスミチオンの用量、キャップ杯数をいちいち計算するのは面倒だと思いました。そこで、今回は、散布範囲を入力するだけで、いろいろな量を自動計算するフォームを作成しました。ぜひとも、適宜、利用していただけたらと思います。

 

合わせて読みたい記事

張ってすぐ、芝生が枯れた記事はこちらから。

 

タイトルとURLをコピーしました