「スーパー簡単NAS作り」HDD換装(Synology DS218j)

ガジェット
こんにちは。たえぞう(@taezoucom)です。今回は、Synologyのホームストレージサーバ(Diskstation DS218j)のHDD換装レビューになります。

このページは、Synology のホームストレージ「Diskstation DS218j 」のレビュー記事です。

【商品説明】 ホームおよびパーソナル クラウドのための多用途な初心者向け 2 ベイNAS。 お客様のあらゆるデジタル資産を、家庭用として素早いデータ転送と低消費電力が特長のパワフルな 2 ベイ NAS である Synology DS218j にバックアップしてください。

【購入価格】24,909円 円(税込み)

【価格.com】ただいまの価格…リンク

https://www.synology.com/ja-jp/products/DS218j

これから、買おうとしている人向けに、商品のホームページとは異なる角度から、商品の細かい内容を紹介していきたいと思います。ぜひとも、参考にしていただければと思います。

それでは、いきまっしょう。

開封していきます。


はじめに。

ノートパソコンのHDD容量が、パンパンになってきました。256GBでは少ないけど、512GBなら大丈夫だろう。と思っていたら、写真のほかに動画を貯めこんでいたら、512GBもあっという間にいっぱいになってしまいました。

ということで、ホームストレージを購入してみました。HDDが1台だと、故障した時に全部データが吹っ飛んでしまうのが不安なので、今回は、HDD2台でストレージを構成しました。

持ち手が付いたパッケージになっています。

ぱかっと、開けていきます。

箱を立てたまま、ふたを開けたところ、本体が逆さまになって登場しました。

箱は、横にして開けるのが正解みたいです。↓まあ、問題はないので、次へまいりましょうー。

HDD換装


HDDを挿入する場所

一番下に説明書を添付しておきますが、よく分からなかったので、開ける部分をガチャガチャと試行錯誤。

そしたら、下の写真のように本体が開きました。

左右に開けていくと、中はHDDを換装する部分のみのシンプルな構成。

ケーブルがむき出しになっていなくて良いですね。

さて、HDDを差し込んでいきます

矢印の部分にHDDを接続するコネクタがあります。

HDD1台目を挿入

HDD1台目の挿入、OK!

上の部分に、HDDをスライドさせるように、ゆっくりと挿入していきます。

ねじ止め、OK!

HDD2台目の挿入

次に、2台目のHDDを挿入していきます。

上の写真の赤マルの部分に乗せて、こちらもスライドさせるように、ゆっくりと挿入していきます。

HDD2台目、挿入OK!

熱問題からみるHDDの換装状況


HDDとHDDのスペース

HDDはけっこう  を持ちます。

約50度を超えると、HDDの故障率が上がると言われています。例えば、夏の暑い日に、しっかりと冷却しないでいると、すぐに50度を超えてしまい故障リスクが上がってしまいます。

今回は、HDDが2つなので、HDDの間のスペースに注目しました。「ぎっしり」だと困りますが、写真のように「余裕」のあるスペースで実装できるようになっていました。。。ほっ。

背部ファン

ストレージ背部には、ファンが搭載されています。

これで、熱がこもることも少ないでしょう。

実際のHDD温度

NASのホーム画面
HDDの温度表示

実際に使用しているときの待機状態でのHDDの温度です。

・HDD1:33度

・HDD2:36度

ふたつとも30度代でした。今度は、書き込みや読み込みなどの使用時の温度も見てみたいと思います。

まとめ


・ わくわくの開封の儀を行いました。

・HDDの挿入は、簡単に行うことができました。

・使用時の参考温度は、HDD1が【33度】、HDD2が【30度】でした。

今後は、設定方法について記事を掲載していきたいと思います。本日は、ここまで!

(いちばん下に、取扱説明書の画像を張っています。)

以上、最後まで見ていただきまして、本当にありがとうございました!

次回も、なにか参考になる記事を書いていきたいと思いますので、少しでもタメになったなと思ったらフォローをお願いします!あと、インスタ(@taezou.kom)とツイッター (@taezoucom) もやってるので、そちらもフォローお願いします。

取扱説明書